S.C. MAGI-SYSTEM 日記
Diary
2009年になって、実に3年ぶりに更新再開。

hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

2004年02月01日() [n年日記]

[天気:晴れ](本八幡某所) 起床:8:45 就寝:22:00

#1 [TRPG] 定例会

サークル DAM'men の1月期定例会。
今日は アルシャード と トーキョーN◎VA The Detonation の2本。
アルシャードではハンター枠でルーシアを使用しましたが、 あまりの火力のなさに…
_| ̄|○
…という状態。
なんでこんなにマゾマゾな作り方をしたんだろうなぁ。
2本目、トーキョーN◎VA はそれなりに。
深朱は実は -D にコンバートしてから初の使用。 アクションランクの低さがカット進行に響くかと思ったのですが、 ようは1カット目で仕留めて2カット目に回さなきゃいいんだという考えで 神業連発。
ゲストの見せ場がありませんでした。すまぬ。

2004年02月02日(月) [n年日記]

[天気:雨](家) 起床:11:30 就寝:28:30

#1 [Univ] 家

昨日は早くに寝てしまったのですが、 目覚しをかけずに爆睡したら昼になっていた。
まあ、それでも大学に行こうかと思ったら外は大雨。
なんだか出る気力をなくしたので、今日は自宅待機。
アレ まで2ヶ月を切ったこともありますし、真面目に 通称電話帳 *1 を解くことにする。
唐突ですが、私の中で毎週月曜日は国試勉強の日とすることにしました。
今日は電話帳1冊目に手をつけたくらい。 まだまだ先は長い。
*1: 国試対策の問題集みたいなやつ。

2004年02月03日(火) [n年日記]

[天気:晴れ](研究室) 起床:11:00 就寝:29:00

#1 [Univ] Figure

投稿する予定の論文用の Figure を準備。
頑張って AppleWorks で作っていたのですが、さすがに細かいところまでは無理っぽい…。
諦めてイラレに手を出す。

2004年02月04日(水) [n年日記]

[天気:晴れ](研究室) 起床:11:20 就寝:28:30

#1 [Univ] 掃除

今朝も掃除だったのですが、起きた時点でもう掃除は終わていた。
あはは。

書くネタがないのでもう終わり。

2004年02月05日(木) [n年日記]

[天気:晴れ](研究室) 起床:11:30 就寝:28:30

#1 [MacOSX] Camino Nightly Build

ご無沙汰しています。
ご無沙汰している間にいろいろ変わったみたいです。
具体的には Mozilla の MacOS X 向けバイナリの build 環境が正式に Panther に移行しました。
基本的には Xcode の SDK というクロスビルド機能を利用しているのですが、 今まで ProjectBuilder ベースで書かれていたものが全て Xcode に移行したので大変。
trunk はまだいいのですが、Mozilla 1.6 branch というそういった変更の追従が行われない ソースを使って build している方にはたまりません。
とりあえず、Xcode 移行を前にその直前のデータで一度 build しておきました。 [Camino-20040205.dmg.gz]
Gecko は MOZILLA_1_6_RELEASE をベースとして、Camino は Xcode 移行直前の ソースを使っています。
なお、前回ちょっと入れてみた clickOnHold ですが、 PDF Browser Plugin とえらく相性が悪かった *1 ので今回は入れていません。
今後は Panther での (クロス) build となるので、どうぞよろしく。
*1: Plugin の動作しているウインドウ内でも clickOnHold が動作してしまうので、 ドラッグしながらスクロールとかができなくて、大変ウザい。

2004年02月06日(金) [n年日記]

[天気:晴れ](研究室) 起床:9:30 就寝:-

#1 [Univ] code writing

研究データの解析をするためのプログラムをひたすら書き続けた一週間でした。
まあ解析自体はツールもあるし、手でやろうと思えばできなくもないのですが、 エディタで編集とか手計算とか、とにかく人力でやることが大嫌いなので なんとかして自動化しようとプログラムを5つほど書きました。

でもよくよく考えるとかなり機能がかぶっていたり、 同じような処理をするコードを重複して書いていたりと あまりきれいに書いていない。
一応データは出るようになったので、来週はこのスパゲティを ほどくことから始めよう。

2004年02月07日() [n年日記]

[天気:晴れ](家) 起床:- 就寝:9:30

#1 [MacOSX] farewell to Jaguar

ついに Camino の build が Panther の Xcode ベースになったこともあり、 私の PowerBook に Jaguar を残す必要は全くなくなってしまいました。
今までの構成について詳しくは 2003年11月06日 あたりを見てもらうとして、今回は Jaguar 用に確保されていた 10GB に Panther を改めてインストールし直し、現在の Panther のパーティション (約45GB) を UNIX でいうところの /home 的な扱いにすることにしました。

では手順ですが…
  1. MacOS X 10.3 Panther CD-ROM で起動
  2. ディスクユーティリティで旧Jaguarパーティションをフォーマット
  3. 空けたパーティションにPantherをインストール
以上です。 なんか書くまでもないくらいシンプルでした。(笑)

#2 [MacOSX] Case-sensitive HFS+

さて、このままでは面白くない。
そこで /home 用のパーティションを Journaled HFS+ から Case-sensitive HFS+ に変えてみよう! と挑戦しました。

さて Panther であれば実は Case-sensitive HFS+ が使えることは 2003年11月24日 に書いたのですが、実は思ったほど簡単にこちらはいきませんでした。
まず、いずれにしてもフォーマットが必要となるので現在の $HOME (/Users/) など 必要なデータを 160GB外付けHDD に退避。 続いて上記の通りに diskutil をかけてみたのですが…
Machintosh% diskutil eraseDisk "Case-sensitive HFS+" Home /dev/disk1s5
(snip)
You cannot erase the boot disk.
つまり、起動 パーティション だけでなく、起動に使った ディスク そのもののパーティションをいじることができないということです。
これはようするに MacOS X Panther をインストールする時のディスクユーティリティでしか パーティションが切れないということを意味します。
また同時に、普通の Panther *1 では Case-sensitive HFS+ を選べないことを意味します。

…困った。

何か手はないものかと ググル さんに尋いてみたら面白いことが分かった。
まずは /System/Library/Filesystems/hfs.fs/Contents/Info.plist に目を通してみると分かるのですが
<key>Apple_HFS</key>
(snip)
<key>Apple_HFSX</key>
といった記述があります。
この Apple_HFS というのは言うまでもなく HFS+ の disklabel です。
では Apple_HFSX が何かというと?… これが Case-sensitive HFS+ の disklabel なのです。
つまり、GUI なユーティリティ *2 やコマンドライン *3 で処理できないのであれば、 pdisknewfs_hfs というより低レベルなところで処理すればいいのです。

さて、ここで手順です♪
  1. Panther を CD-ROM からインストールする際に、Case-sensitive HFS+ とする予定の場所も HFS+ として確保
  2. Panther をインストール
  3. Panther CD-ROM から Single-User で起動 *4
この CD-ROM から Single-User 起動するのには、コツがいります。
まず CD-ROM を入れた状態で Option キーを押しっぱなしにして起動ディスク選択を出します。
ここで Single-User で起動する鉄則の Command + S を 押しながら CD-ROM の起動アイコンをクリックするのです。
これで無事に CD-ROM で Single-User 起動できます。
続いて pdisk を使います。
詳しい操作は割愛 *5 しますが、始めは
Name of device: /dev/rdisk0
/dev/rdisk0  map block size=512
   #:                 type name                  length   base      ( size )
   1:  Apple_partition_map Apple                     63 @ 1        
   2:           Apple_Free                            0+@ 64       
   3:            Apple_HFS Apple_HFS_Untitled_10  20709376 @ 262208    (  9.9G)
   5:            Apple_HFS Apple_HFS_Untitled_11  95976496 @ 21233728  ( 45.8G)
となっていた、この 5番目 の部分 (45.8GB) を下記のように変えます。
Name of device: /dev/rdisk0
/dev/rdisk0  map block size=512
   #:                 type name                  length   base      ( size )
   1:  Apple_partition_map Apple                     63 @ 1        
   2:           Apple_Free                            0+@ 64       
   3:            Apple_HFS Apple_HFS_Untitled_10  20709376 @ 262208    (  9.9G)
   4:           Apple_Free                       262144 @ 20971584  (128.0M)
   5:           Apple_HFSX Apple_HFSX_Untitled_11  95976496 @ 21233728  ( 45.8G)
   6:           Apple_Free                           16 @ 117210224
どうも ディスクユーティリティ でパーティション切ると Apple_Free というのが現れないっぽいです。
続いて newfs_hfs でフォーマットします。
Machintosh% newfs_hfs -s -J -v Home /dev/rdisk0s5
これでフォーマットは完了です。
あとはインストールの終った Panther の方でマウント先などをいろいろ良きに計らって下さい。
Case-sensitive HFS+ の例
以下のような感じに遊べれば完璧ですね。
Case-sensitive HFS+ で遊ぶ
ふぅ。
あとは退避さえていたデータを戻して…寝ます。(笑)
*1: MacOS X Panther Server であれば、ディスクユーティリティから Case-sensitive HFS+ が 普通に選べます。
*2: aka ディスクユーティリティ
*3: aka diskutil
*4: これが高等テクニックだったりします。
*5: なあに。OpenBSDを入れた経験がある人なら感覚で分かります。(笑)

2004年02月08日() [n年日記]

[天気:晴れ](家) 起床:0:30 就寝:29:00

#1 [Home] りずむ

だんだんと生活リズムが崩れてきました。
なんだか今日なんだか昨日なんだかもう分からない。
りずむ…理澄…

#2 [MacOSX] Case-sensitive HFS+ and Camino

普通に Camino が Xcode に移行しただけでもトラブル続きなんですが、 実は Case-sensitive にしたためにさらに問題発生。
Camino (正確にはGecko)のソースコード内でヘッダファイル名の表記が Case-insensitive になっていたのです。
例えば
--- modules/libpr0n/decoders/icon/mac/nsIconChannel.cpp~        Sat Jul 26 01:47:40 2003
+++ modules/libpr0n/decoders/icon/mac/nsIconChannel.cpp Sun Feb  8 05:15:28 2004
@@ -33,7 +33,7 @@
 #include "nsIStringStream.h"
 #include "nsIURL.h"
 #include "nsNetUtil.h"
-#include "nsIMimeService.h"
+#include "nsIMIMEService.h"
 #include "nsCExternalHandlerService.h"
 #include "plstr.h"
 #include "nsILocalFileMac.h"
とか
--- xpfe/bootstrap/appleevents/nsWindowUtils.cpp~       Thu Jul 24 16:17:38 2003
+++ xpfe/bootstrap/appleevents/nsWindowUtils.cpp        Sun Feb  8 20:37:35 2004
@@ -39,7 +39,7 @@
 #include <MacWindows.h>
 
 #include "nsCommandLineServiceMac.h"
-#include "nsComPtr.h"
+#include "nsCOMPtr.h"
 #include "nsIBaseWindow.h"
 #include "nsIContent.h"
 #include "nsIDocument.h"
とか。
もう勘弁してよ。
つーか、大文字小文字くらいきちんと正確に #include に書いていただきたい。

なので Nightly build ができるのはまだ先になりそう。

2004年02月09日(月) [n年日記]

[天気:晴れ](家) 起床:16:30 就寝:-

#1 [Home][Univ] 国試

起きたら大学に行く時間を過ぎていた。



そうだ、今日は国試の勉強をするために休んだんだった。
今そう決めた。

なので、これから電話帳と格闘開始します。

2004年02月10日(火) [n年日記]

[天気:晴れ](研究室) 起床:- 就寝:24:30

#1 [Univ] 研究?

なんか、ずいぶんと書くのをサボっていた *1 ので、何をしたのか正直よく思い出せない。
だけど last *2 を見ると、大学から 朝の7:45に login しているみたいなので、おそらく徹夜して朝早く登校したものと思われる。

ああ、思い出した。
朝早く大学に行って、論文を修正していたんだ。
VIVA last!
*1: 今これを書いているのは 2/29 です…
*2: Unix の標準コマンドの1つで、ログインの履歴が見られる。

#2 [MacOSX] Camino Nightly Build

またまた、ご無沙汰しています。 *3
以前、Mozilla の開発環境が Panther に移行したという話をしましたが、 自分の PowerBook G4 12" でも Jaguar 環境を消したり、 Case-sensitive HFS+ にしたりと移行が終了したので、 Panther での初 build を行いました。 [Camino-20040210.dmg.gz]
Gecko は MOZILLA_1_6_RELEASE をベースとして、Camino は最新のです。
ただ、最近の Mozilla trunk では DOM というのをなくす (deDOMnizine) という 作業が行われているらしく、それに関する修正が Camino にも入っていますが、 それは 1.6 branch と擦り合わせるために入れていません。
こういったマージ作業が CVS Repository をローカルで立ち上げてから、格段にラクになりました。
やっぱり CVS は偉大です。
*3: ご無沙汰しているのは日記が滞っているせいですが。


最近の日記
2019年06月24日
10年振り
2009年12月31日
定期アップデート
2009年04月03日
定期アップデート
2009年03月22日
定期アップデート
2009年01月26日
pomera
2009年01月23日
今日のBOT
2009年01月22日
BOT
2009年01月20日
Seagate HDD
PowerPCの備忘録
RSS feed
abuse
2009年01月19日
Windows 7 beta
2009年01月16日
perl-after-upgrade
2009年01月14日
アクセスカウンタ
2009年01月13日
ひとまず完了
2009年01月12日
7.1-RELEASE(適用)
2009年01月10日
hns 2.19.9
2009年01月09日
recursion no
以上、10 日分です。
先月 2004年02月 来月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project