S.C. MAGI-SYSTEM 日記
Diary
2009年になって、実に3年ぶりに更新再開。

hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

2005年04月11日(月) [n年日記]

[天気:曇りのち雨](葵) 起床:7:00 就寝:25:00

#1 [Work] 個人用パソコン

ついに待ちに待った個人用のパソコンが届きました!

とあまりの嬉しさに、受け取った直後にデスクトップ本体の入った箱を 肩の高さから落としました 。(笑)

…もしかして、入社早々 始末書 ですか?…

さいわい、パソコンはもちろんHDDも壊れていませんでした。
よかった!
さすがだよ 某F社 のデスクトップ!
肩の高さから落としても壊れなかった *1 よ。
どこかのタフブックみたいですね。

おそるおそる初めての WindowsXP セットアップを行い *2 、やはり会社ということもあって、セキュリティについてかなり厳しく言われました。

そこまで厳しく言うなら Windows 使わないで OpenBSD でも使えばいいんじゃないか…とか言いたくなったが我慢。
メールは Becky! で、エディタは 秀丸 という、御仕着せ Windows から比べたら恵まれた環境だと思います。
できれば、早々にタブブラウザと vi を入れたいところではありますが。
それは研修が終わってからにしますか。
*1: 必ずしも、それを保証するものではありません。決してマネしないように。
*2: とは言ってもプリインストールなので、細い社内向けの設定をしただけ。

2004年04月11日() [n年日記]

[天気:晴れ](家) 起床:14:00 就寝:27:00

#1 [Server] PentiumPROは永遠に不滅です!

まず今日は悲しいお知らせをしなくてはなりません。

我が MAGI-SYSTEM がネットワーク上にその Whois レコードを刻んだ 2000/06/02 18:19:50 GMT *1 より、ほぼ4年近く稼動し続けてきた DEC Digital Personal Workstation 200i を停止させることになりました。
Digital Personal Workstation
もともとの PentiumPRO 200MHz を 2nd Cache 1MB 版に換装し、 今の今までメインサーバ兼ゲートウェイとして動いてきました。
私がドイツに一ヶ月帰省している間も止まることのなかったこの機械の 電源を完全に落としてしまうことは非常に感慨深いです。

さらば DEC PWS 200i !
PentiumPRO 永遠なれ!
*1: whois magisystem.net

#2 [Server] 劇的!ビフォア・アフター

Before
今回は人口密度が3倍となり、大きなサーバを置けなくなってしまったお宅が舞台。

静音の匠は、ファンレスマシン VIA Eden を用いることで場所の確保と静音性を実現する。
そして省スペースケースで PCI が差さらないという問題に対し、 匠は PPPoE インターフェイスと実際の内部向けLANを共用するという荒技を披露した。

さあ、ご覧あれ。
これが静音の匠が見せた Eden マジック。
After

デジカメがボロなので写真がひどいのは許して下さい。(笑)
インターフェイス共用によるトラフィックの方の問題は dummynet の pipe と queue を用いて、 内部のパケットを優先させることで何とかしています。
しかし意外だったのは、このマシン唯一のファンである PROCASE CrysTa 付属の 6cm ファンが 思ったよりもうるさかったことです。
他に音が出るものが 2.5inch の流体軸受で結構静かなHDDくらいしかないことを考えると、 この音はかなり気になります。
できることなら静音ファンに交換したかったのですが、残念なことにこの省スペースケースは ファンを取り付ける場所も幅ギリギリで、一般的な 6cm ブラシレス静音ファン (幅25mm) が 入らない *2 のです。
PCI が塞がっただけでなく、ファンまでもが…
やはり大は小を兼ねるということで、少し余裕のあるケースにすればよかった…
*2: 付属のファンは 15mm 。

2003年04月11日(金) [n年日記]

[天気:晴れ](研究室) 起床:10:30 就寝:24:30

#1 [Univ][MacOSX] お買い上げありがとうございま〜す

今日、D1の先輩に PowerBook G4 (DVD-Rドライブ内蔵モデル)を Apple Store で買わせることに成功しました。(笑)
巧みなセールストークで、新4年生もお金があれば買う気マンマン。
実はセールスに向いているのか?

こんな感じで着実に研究室での MacOS X シェアを増やしつつある今日この頃。 このまま研究室にある ChemDraw や Acrobat 、 Office などを MacOS X 用に買い直してもらえるとうれしいなぁ…。

#2 [Univ] 新歓

新4年生、および外部からM1として入ってきた人の歓迎会。
私は例によってレモンハイ1杯でダウン。
…頭が痛い…

2002年04月11日(木) [n年日記]

[天気:曇ときどき雨](研究室)

#1 [Server] ADSLの悪夢

まず断っておきますが、ADSLモデムが悪かったり、収容局からの距離が遠くて 回線がつながらない訳ではありません。

というよりも、それ以前の問題です。

実は「フレッツADSL」には思わぬ落し穴があったんですねぇ。
というのは、フレッツによる 常時接続 つなぎほーだいサービスには2つの契約と開通が必要なんです。
  1. ADSL回線(NTTとかeAccessとか)
  2. プロバイダ

フレッツでもADSLでもなんでもない環境であったなら、 まずはモデムで回線につないで、上記の"2"であるプロバイダと契約するだけで すぐにインターネットにつなげるようになります。
また、(フレッツでない)ISDNだった場合でもそうですね。

ところがフレッツの場合には電話番号やらなんやらかんやらで、 プロバイダ側での手続きが非常に時間がかかるのです。

初めてフレッツやADSLを申し込む人は、大体プロバイダ契約を済ませてしまってから ADSL回線の開通を待つとか、あるいは新規のプロバイダによっては開通と同時に 申し込みが完了することが多いみたいです。
ところが固定IPが必要なウチの場合、プロバイダ側での登録作業が 普通の契約以上に時間がかかるんですねー。
おかげで、回線は整ったのにつなぐ先のプロバイダがないという 宙ぶらりん状態になってしまいました。

先程、プロバイダ側にも問い合わせてみましたが、登録までもうしばらく 時間がかかるとのこと…

貴様もみずほと同じなのか!!

いや、人のせいにするのはよくないね。
プロバイダ宛ての書類をもっと早く出していればよかっただけのこと。
ADSLの開通待ちの人が多いって話を聞いたもんだから、回線開通の方ばっかり あせってしまった。

もう少し待ってみるか。


最近の日記
2019年06月24日
10年振り
2009年12月31日
定期アップデート
2009年04月03日
定期アップデート
2009年03月22日
定期アップデート
2009年01月26日
pomera
2009年01月23日
今日のBOT
2009年01月22日
BOT
2009年01月20日
Seagate HDD
PowerPCの備忘録
RSS feed
abuse
2009年01月19日
Windows 7 beta
2009年01月16日
perl-after-upgrade
2009年01月14日
アクセスカウンタ
2009年01月13日
ひとまず完了
2009年01月12日
7.1-RELEASE(適用)
2009年01月10日
hns 2.19.9
2009年01月09日
recursion no
以上、4 日分です。
先月 2019年08月 来月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project